ここが違う! 土屋の安心ソーラー

土屋グループだからこそのノウハウは、40年以上もの間、降雪地の住宅のコトを考えてきたから。

でも、それだけではありません。
実発電量に優れたソーラーパネル、国内メーカーだからこそ本当に安心できる長期保証、様々な工法・屋根形状を知る住宅メーカーだからこそできるトラブル皆無の安心施工、発電量と電気代・設備投資のバランスを考慮した最適なプランニングなど、ずっと以前よりしっかりと太陽光発電に取り組んできたから、他とは違う土屋グループだけの『安心ソーラー』をご提供できるのです。

太陽光発電システムとは

太陽光発電は、モジュールを設置するだけでは成り立ちません。
例えばパワーコンディショナー。
モジュールが発電する電力は、直流であったり、電圧が一定ではないので、それを住宅内で使える形に変換したり、屋内で使用する電気を電力会社・太陽光発電と適宜切り替えたり、屋内で余った電力を近所の家に流したりする重要な役割を担っています。

  • 右図の1について(売る電気に関連する機器)
  • 右図の2について(売る電気に関連する機器)
  • 右図の3について(売る電気に関連する機器)
  • 右図の4について(売る・買う電気に関連する機器)
  • 右図の5について(売る電気に関連する機器)
  • 右図の6について(買う電気に関連する機器)

↑数字をクリックすると、各機器の詳細が表示されます。

太陽電池モジュール
1(売る電気に関連する機器)太陽電池モジュール
太陽光のエネルギーから、直流電力を発電します。
接続箱
2(売る電気に関連する機器)接続箱
太陽電池からの配線をまとめて、パワーコンディショナーに送ります。
パワーコンディショナー
3(売る電気に関連する機器)パワーコンディショナー
太陽電池で発電した直電流を、効率良く家庭用の交流電力に変換します。
4(売る・買う電気に関連する機器)室内分電盤
パワーコンディショナーから電力を家庭内に分配します。
5(売る電気に関連する機器)電力量計(売メーター)
売る電力を計ります。
※2013年3月末までに電力会社との系統連系が完了している場合、10年間買取価格42円/kWhの契約が成立します。
6(買う電気に関連する機器)電力量計(買メーター)
買う電力を計ります。

詳しくはご相談ください!!

図解 太陽光発電システムについて

電気代を払わずに暮らす電気代ゼロプラン

太陽光発電の導入には、パネルや関連機器などの初期投資をどの程度回収できるか、事前にしっかりプランニングするコトが大切です。
下記のような電気代ゼロプランなど、お客様の実際の使用状況や屋根面積・形状・向きにおける最適なプランをご提案いたします。

【例】設定条件:太陽光発電設置前の平均電気料金/10,000円/月 1日の時間帯別電力使用割合/昼3割:夜4割:深夜3割
上記のような条件の一般家庭の住宅に、毎月5千円売電できる太陽光パネルを設置(総施工費約1,800,000円)し、
電力会社との契約が「従量電灯契約」から「ドリーム8」に変更することが最適な場合。

【電気代ゼロプランの考え方(売電単価38円/kWhの場合)

※下記掲載内容はあくまでも考え方ですので、必ずしも同様のプランになるとは限りません。
電気の使用状況や屋根面積・形状・向きなど様々な条件によってプラン内容が変わりますので予めご了承ください。

ソーラーなし(従量電灯契約)の場合と比べて、ソーラーあり(ドリーム8契約)にした場合、毎月+15,000円得をします。それを10年間続けると+1,800,000円となり、ソーラー発電システム導入初期投資費用を回収でき、さらにその10年間は電気代0円です。詳しくはご相談ください!!

重視すべきスペックは『実発電量』です!

右上のグラフは、国内外10社の太陽光発電パネルを設置した、帯広の試験施設での発電量データです。これまで各メーカーがカタログでうたっていた高い「最大出力」や「発電効率」は、理想的な環境下でのもの。曇りの日や日射量が少ない朝夕などは、発電量が少なくなり、それらが実測データに表れています。選ぶポイントは「実発電量」。1ヵ月、1年と実際に使ったとき、どのくらい発電するのかが重要です。

右下の図は実際に3.6kWのパネルを搭載したお宅(北海道内)の平成24年4月30日のデータ。朝5時台から夕方17時以降まで発電し、この日1日で24.5kWhの発電量を得ました。大切なのはお昼頃に得られる「瞬間最大発電量」ではなく、朝夕や曇った日も含め、どれ位の総量を安定して発電できるかです。

土屋グループがご提案するのは、実発電量で差が出るソーラーフロンティア製CIS太陽電池。

詳しくはご相談ください!!

図:帯広太陽光発電試験場の各社パネルの発電量 図:実発電量比較グラフ

メーカーが存続していなければ長期保証の意味がありません!!

国内メーカーだから安心優れた耐久性があるからこその20年長期保証です

昨今は、安価で長期保証をうたう海外メーカー製パネルが注目されることもありますが、長期保証もメーカー自体が存続していなければ意味がありません。ドイツやアメリカのメーカーの経営破綻は記憶に新しいところですし、急な日本市場からの撤退もあり得るなど、安心できるはずの長期保証においてすら不安が付きまとってしまいます。

土屋グループのパネルは、ソーラーフロンティア製。
高い技術に支えられた信頼の耐久性が可能にした破格の20年長期保証をはじめ、きめ細やかで対応が迅速なサポートにより、ずっと安心していられる本当の意味での長期保証を実現しています。

詳しくはご相談ください!!

施工技術がトラブル発生率を左右します!

太陽光パネルの施工の際には屋根に穴を空ける場合がありますが、その際に施工技術がしっかりしていないと、短くて数ヶ月以内にボルト穴やコーキングの隙間から雨漏りなどのトラブルが発生してしまいます。

太陽光パネルは家電ではありません。

土屋グループの施工は、様々ある工法や屋根形状などの『家』の構造を理解し、さらにパネルの強度特性などをも理解している『認定大工』のみが行いますので、施工トラブルについても安心していただけます。

詳しくはご相談ください!!

図:一般的な施工では太陽光パネルを合板に固定している場合が多いですが、当社の施工では下地の垂木にしっかりと固定しています。

施工技術がトラブル発生率を左右します!

冬でもしっかり発電する!無落雪屋根のソーラー

降雪地の住宅メーカーとして降雪期でもしっかり発電させるための実証実験を長く続けてきたことで様々な条件に合った設置プランを持っています。特に北海道に多い無落雪屋根ではノウハウなしに設置するとモジュールが雪に埋もれてしまい1月・2月に全く発電しないということにもなり得ますが、当社の実例では堆積した雪に埋もれるコトがないのはもちろん、パネル上にも雪が堆積しないように最適な傾斜を与えることでしっかり発電しています。

【無落雪屋根の場合】一般的な設置事例 モジュール:CIS系以外の一般的な量販型太陽電池、設置容量:3.57kWを想定土屋ソーラーの設置方法 札幌市東区 S様邸事例 モジュール:ソーラーフロンティア社製、設置容量:3.57kW(CIS 85W×42枚)

実際の発電量比較グラフ(H23年11月~H24年10月) 土屋ソーラーの設置方法:年間発電量 4672.0kWh(1308.7kWh/kw)、一般的な設置方法:年間発電量予測 3765.9kWh(1054.8kWh/kw) 冬の12月・1月・2月・3月の発電量の差です

土屋グループはココが違う! 積雪対策 積雪による過剰の負荷を軽減し、モジュール上の雪を滑落させ、より高い発電効率を確保するために傾斜角度は40゜以上とします。

土屋グループはココが違う! 風圧対策 モジュールの角度が大きいことから、より強い風圧を負担するため部材(鋼材)の強度を上げて設計します。また、架台全体の鋼材重量が大きくなるため、連結部材(ベースレール)も一般的なものよりもより太く設計します。

札幌市東区 S様邸の事例詳細写真1 札幌市東区 S様邸の事例詳細写真2

札幌市東区 S様邸の事例詳細はコチラから

詳しくはご相談ください!! 屋根にやさしく環境に強い雪国の架台決定版 アートラス

実物大構造模型で土屋ソーラーの違いを比較  

1 無落雪屋根 + 一般的なソーラー

パネル:SOLAR FRONTIER 設置角度:15゜
容量:100W×21枚=2.1kW

1 無落雪屋根 + 一般的なソーラー 図面

一般的な設置方法だとパネルが雪で埋もれてしまいますが…

  • 積雪対策ダメ
  • 雨漏対策ダメ
  • 風圧対策OK

2 無落雪屋根 + 土屋ソーラー

パネル:SOLAR FRONTIER 設置角度:45゜
容量:100W×21枚=2.1kW

2 無落雪屋根 + 土屋ソーラー 図面

冬でもしっかり発電するための 45゜+1000mm

  • 積雪対策OK
  • 雨漏対策OK
  • 風圧対策OK

3 落雪(勾配)屋根 + 土屋ソーラー

パネル:SOLAR FRONTIER 設置角度:31゜(6寸勾配)
容量:100W×21枚=2.1kW

3 落雪(勾配)屋根 + 土屋ソーラー 図面

雨漏りなどのトラブルを防ぐ!! 認定大工による安心施工

  • 雨漏対策OK
  • 風圧対策OK

実物大の構造模型からの実発電量リアルタイム情報を見比べる!!

データ取得時刻日射量kw/m²現在の気温℃稼働開始日 : 2013年4月28日

1 無落雪屋根 + 一般的なソーラー

  • 1 無落雪屋根 + 一般的なソーラー 図面1
  • 1 無落雪屋根 + 一般的なソーラー 図面2
発電電力(10分更新)
kw
CO2削減量(10分更新)
kg-co2
発電電力量(前日分、毎日0時更新)
kwh
総発電電力量(稼働から前日まで、毎日0時更新)
kwh

2 無落雪屋根 + 土屋ソーラー

  • 2 無落雪屋根 + 土屋ソーラー 図面1
  • 2 無落雪屋根 + 土屋ソーラー 図面2
発電電力(10分更新)
kw
CO2削減量(10分更新)
kg-co2
発電電力量(前日分、毎日0時更新)
kwh
総発電電力量(稼働から前日まで、毎日0時更新)
kwh

3 落雪(勾配)屋根 + 土屋ソーラー

  • 3 落雪(勾配)屋根 + 土屋ソーラー 図面1
  • 3 落雪(勾配)屋根 + 土屋ソーラー 図面2
発電電力(10分更新)
kw
CO2削減量(10分更新)
kg-co2
発電電力量(前日分、毎日0時更新)
kwh
総発電電力量(稼働から前日まで、毎日0時更新)
kwh

お客様の声

豪雪地でも発電することにビックリ!

豪雪地でも発電することにビックリ!

北海道美唄市という豪雪地にも関わらず、発電量の多さに驚きの様子。壁付けソーラーの提案にも満足していただき、節電意識が向上したようです。

続きはコチラから

売電料金は電気料金のおよそ10倍!

売電料金は電気料金のおよそ10倍!

常に「黒字」の光熱費は「熱効率の良い外断熱住宅だから」と納得の様子。冬の間、光熱費に不安もあったようですが、期待通りの順調な発電に満足とのこと。

続きはコチラから

積雪を考慮した設置方法で冬でも安心発電!

積雪を考慮した設置方法で冬でも安心発電!

心配していた雨漏りもなく、積雪対策にも満足の様子。
子どもたちの節電意識の変化に驚く毎日を送っているようです。

続きはコチラから

詳しくはご相談ください!!

次のセクション

土屋グループ太陽光発電スペシャルサイトへようこそ!!

土屋グループ太陽光発電スペシャルサイトからのご案内

~ご案内~
当サイトの推奨閲覧環境は、ブラウザ実表示領域1024×635ピクセル以上です。
ご覧頂いているPC環境では、当サイトを正常にご覧頂けない可能性があります。
下記ボタンをクリックすると、正常にご覧頂ける全画面表示で開きます。
  • 全画面表示で開く
  • このまま閲覧する

安心ソーラーという選択 土屋グループ TSUCHIYA GROUP

Copyrights © 2012 Tsuchiya Group. All Rights Reserved.