土屋グループからのエコへの回答 Re:eco リ:エコ

安心ソーラーという選択

土屋グループの太陽光発電は

40? + 1500mm

札幌市のさとらんど隣接地メガソーラー設置運営事業者に土屋グループが選定されました!

その技術評価が、2012年札幌市のさとらんど隣接地メガソーラー設置運営事業者に選ばれた決め手。
その数字が意味するのは、40年以上もの間、降雪地の住宅のコトを考えてきた土屋グループだからこその答え(Reply)でした。

40゜=パネル設置角度

太陽光パネルを覆い隠す雪は、降雪地における太陽光発電の最大の難敵。
パネル設置角度を増やせば雪は滑り落ちますが発電効率が犠牲になり、
発電効率を優先させるとパネルに雪が積もり、
やはり発電量が落ちてしまいます。

その難敵に対して、雪のコトを知りつくしている土屋グループが
長年の実証を重ねた末に出した答え(Reply)が『40°』の設置角度。
雪を滑落させてメンテナンスフリーを保ちつつも
発電効率を落とさない、降雪地での最適な設置角度です。

  • 降雪地のノウハウが発電力と耐久性を左右する!土屋のソーラーはココが違う!
  • 太陽光発電のしくみを知って、たっぷり得する!!太陽光発電のメリット

40゜=パネル設置角度

1500mm=パネル架台の高さ

雪は太陽光パネルの上だけではなく、その周囲にも舞い降り、
永い冬の間に高く積もっていきます。
その『積もる』コトも降雪地における太陽光発電の大敵。

そこで土屋グループが出した答え(Reply)が『1500mm』の設置架台。
積もった雪にパネルが埋もれるコトなく冬を越えられる
最適な高さなのです。

  • 降雪地のノウハウが発電力と耐久性を左右する!土屋のソーラーはココが違う!
  • 太陽光発電のしくみを知って、たっぷり得する!!太陽光発電のメリット

1500mm=パネル架台の高さ

そのノウハウを全てのお客様へ

降雪地において、雪を知らなければ太陽のチカラを有効に活かせない。
それが40年以上もの間、北海道の冬と、北海道の住宅のコトを考え
続けてきた土屋グループからのecoへの答え(Re:eco)の一つです。

そのノウハウは、土屋グループがつくる家や
太陽光発電リフォームに活かされています。

  • 降雪地のノウハウが発電力と耐久性を左右する!土屋のソーラーはココが違う!
  • 太陽光発電のしくみを知って、たっぷり得する!!太陽光発電のメリット
  • 土屋メガソーラーの今

テレビCM映像を開きます

次のセクション

土屋グループ太陽光発電スペシャルサイトへようこそ!!

土屋グループ太陽光発電スペシャルサイトからのご案内

~ご案内~
当サイトの推奨閲覧環境は、ブラウザ実表示領域1024×635ピクセル以上です。
ご覧頂いているPC環境では、当サイトを正常にご覧頂けない可能性があります。
下記ボタンをクリックすると、正常にご覧頂ける全画面表示で開きます。
  • 全画面表示で開く
  • このまま閲覧する

安心ソーラーという選択 土屋グループ TSUCHIYA GROUP

Copyrights © 2012 Tsuchiya Group. All Rights Reserved.